神戸市外国語大学にて B2 First (FCE)開催!

a1230623

世界が舞台になる

ケンブリッジ英語検定B2ファースト

【試験日】2020年10月10日(土) 集合時間 8:45 am
【会場】神戸市外国語大学  第2学舎1階
【検定料】Cambridge B2First(FCE) ¥20,350

※例年開催していた「ケンブリッジ英語検定試験 説明会」は今年度の実施はありません

「英語が出来る」と世界中に示せる英語能力資格B2First!

※ 申込締切は8月31日(月)午後3時 です。→ 締切日は8/24(月)に変更になりました。お申込みフォームへ

この検定開催に関してのご質問はこちらからお気軽に♫

欧州諸国が職場で認める資格検定です。
多くの海外の大学や、国内の大学院のエントリーが可能になります。

世界中の各種英語検定を受けられている方々より、「英語力が一番伸びた英検」、という声をいただいています。国内では多くの英語教材著者の方々も受けられていて、テストや教材作成時の参考にされているという、まさに英語能力検定の決定版。

英語マスターレベルの「最初(ファースト)の難関」を突破して、英語の達人を目指そう!

●あなたの英語レベルは? 無料オンラインプラクティステストにまずはTRY!

●B2First対策学習は? このケンブリッジ英検公式サイトにはダウンロードできるサンプルテストや、コンピューターベースのサンプルテスト、ゲーム感覚で自然に身につく楽しい英語学習など、無料の対策学習が豊富にあります。

《 ケンブリッジ英語検定の最大の魅力 → 英語力が本当に伸びる 》

◆国内外で大学でも職場でも認められる資格検定【国際英語指標CEFRのCAN-DOを正しく評価する英語検定】

日本の文部科学省も採用した、欧州評議会開発の英語指標CEFRは、今や世界中で言語力を表す指標として使われています。ケンブリッジ大学がこの開発に携わっているため、ケンブリッジ英語検定はCEFRに完全準拠しており、英語力4技能の測定の正確さに秀でている試験です。世界における自分の英語レベルがクリアにわかります。

世界と話せる英語力が身につく画期的な検定 「どのくらい英語が使えるか?」に焦点を置き、実生活に起き

る身近な場面で必要となる英語スキル、例えば提案・説得する、など他検定では見られない程の様々なタスクを盛り込み受検者の運用力を測るため、この検定に合格するために学ぶことで全方位的英語学習が可能になります。◆「ケンブリッジは英語力が伸ばせる検定」と言われる理由は当検定がノンネイティブを対象に開発された英語教育カリキュラムに基づいた検定である為です。このカリキュラムに沿えば、ビギナーレベルからスタートし、ほぼネイティブレベルC2の英語力を目指すことが可能です。(文科省認定外部試験のうち、最高峰のC2がある検定はケンブリッジ英検とIELTSのみ、実用英検、TOEFLでは測定不可能)多言語の行きかう欧州諸国ではB2レベルは職場で認められる言語力とされ、B2First保持者は、国内外の多くの大学、大学院へのエントリーが可能です。

◆一般的な英語力に関するタスクを最も多様に含んだ4技能検定ですので、この試験を目標に学んでいても他の英語検定への移行がスムーズです。(特に同じくケンブリッジ大学の検定であるIELTSのスコアがなかなか伸びない方には一番おすすめの英語学習になります)

【ケンブリッジB2Firstを認定している神戸市外国語大学国際交流協定校】

イギリス:  リード大学、ノーサンブリア大学、ヨークセントジョン大学

オーストラリア:ニューサウスウェールズ大学

【協定校ではないがB2Firstを認定している英語圏の大学の一例】

アメリカ:  カリフォルニア州立大学、ワシントン州立大学など多くの州立大学、ノースジョージア大学、

ハワイ大学、バークレー大学、シアトルシティー大学等

イギリス:  バース大学、エディンバラ大学、リバプール大学、チェスター大学、イーストロンドン大学等

オーストラリア:カーティン大学、グリフィス大学、フリンダース大学、マードック大学等

カナダ:  オタワ大学、セントトーマス大学、ニューウェストミンスター大学、各フィルムスクール等

ニュージーランド:オタゴ大学、リンカーン大学など

※ 予告なく変更になることがございます。出願時検定資格の利用については、各機関に直接ご確認ください。

ケンブリッジ英検B2Firstを認定している大学・組織団体についてはこちらです。

 

image image