fbpx

全国の認定試験センター

CAMBRIDGE CENTRE WEST JAPAN JP176

ケンブリッジ大学英語検定機構西日本試験センターJP176は、ケンブリッジ大学が公式に認定した試験センターです。岡山市を中心とする中国・四国地区におけるケンブリッジ英検の各種業務を行っています。 ケンブリッジ英検に関する情報提供、テスト開催、受験者の皆様/指導者の皆様をサポートいたします。

a37

Cambridge English の各テストの受験は、当西日本試験センター、もしくは最寄りの公認試験センターに直接お申込み下さい。およそ130カ国に2,800以上の試験センターがありますので、留学先のイギリス、カナダ、オーストラリアなどで受検される方も増えています。認定試験センターはすべてケンブリッジ大学英語検定機構の審査を受けており、高い基準を満たしています。

岡山を中心として中四国、大阪を中心とした西日本地域の受験者の皆さまには、当試験センターが試験のお申し込み方法、試験日程、試験対策コースなどについてご案内します。2016年4月から九州地方の検定も開催いたします。

a38

試験結果を英国ビザの申請に使用する場合には、ビザおよび入国申請のための英語能力証明テスト「Secure English Language Tests (SELTs) 」の提供を許可されている試験センターで試験を受けなければなりません。詳しくはお問い合わせください。

認定試験センターには、次の2種類があります:

  1. オープン・センター(公開センター)
    オープン・センターは、センターを運営している機関において受験対策コースを受けていない受験者も含めて、すべての受験者に対する試験を行うことが認定されているセンターです。オープン・センターの多くが、ケンブリッジ英検の対策コースも提供しています。
  2. インターナル・センター(非公開センター)
    インターナル・センターは、その機関で学習している生徒だけを対象に試験を行うことが認定されており、所属生徒ではない受験者からの申込みを受付けることはできません。

また、試験によって「オープン」または「インターナル」と、扱いを区別している試験センターもあります。試験センターが受験者の申込みを受付けることができない場合は、センターの種類によるものと考えられますが、他の理由であったとしても、当該の試験センターがその理由をお知らせいたします。

a39

西日本以外での受験

現在日本国内のケンブリッジ英検試験センター・Exam Centre は、当センター含め全部で7つございます。
他のセンターの試験日程も、決定次第ホームページにて更新されているようですので他センターでのご受検もお勧めいたします。
各センター運営会社が異なるため、申込方法等も全て異なり、センター間での連携もおこなっておりませんので、各センターへは直接お問合せ下さい

【(メインセンター)河合塾運営:名古屋センター】(関東、中部、近畿、広島、九州会場多数あり)
https://www.kawai-juku.ac.jp/cambridge-english/exm/
【近畿センター】
https://www.camb-kinki.com/blank-7
【Z会運営:静岡センター】
https://www.zkai.co.jp/assess/cambridge/page4.html
【東日本センター】
https://luna-jp004.jp/cambridge/exam
【東京センター】
http://www.justycom.jp/cambridge/
【北海道センター】
http://www.smileniseko.com/s-m-i-l-e-について/