児童・学生向けテストに関しての年齢制限について

【ケンブリッジ英検全テストに年齢制限はありません】

ケンブリッジ大学英語検定機構イギリス本部では、当機構の提供する全てのテストに、受検者の年齢制限を設けてはいません。しかし、当センターの開催する検定の中には、会場になるスクールやセンタースタッフの諸事情により、年齢が制限されている検定がございます。

開発の段階では、YLEは6~12歳くらい、KET、PET、FCE for Schoolsは13歳から18歳くらいを対象にして、問題で扱われるトピックをその年齢に相応しいものにし、それぞれの成長段階に合わせた認知能力を考慮して作問されているテストになっています。例えばYLEテストの場合、英語が使われている場面・状況も小学生くらいの世界の中で、学校の活動や休日のピクニックなどがメインになって、色ぬりがあったり、間違い探しをしたり、低年齢の子どもの思考能力を伸ばすため、興味をかきたてるため作問されています。
さらに、児童心理をも徹底的に研究しつくしており、成績証明書は子どもたちを励ますために合否はなく、得点の校章シールド表記など、大変工夫されていて、英語を好きにさせ、英語力を伸ばす、世界で最も子どもにふさわしい英語検定だと誇らしく思っております。YLEは確かにケンブリッジ大学英語検定のファーストステップではありますが、もしお子さまが、英語学習を始めたばかりでも、中学生・高校生なら、KET for schoolsからスタートすることができます。それは、KET for schoolsが、中学生~高校生に相応しいテストとして丁寧に開発されているからです。ケンブリッジ大学英語検定機構では、KET受検までに必要な学習時間を約180~200時間と示しています。学習計画によっては学習スタートから一年後にTRYできる目標として設定することができるので、ティーンの学習者にはとても励みになるものです。

●4,5歳でも中学生でもYLEを受けることはもちろん可能です。


一般社会人・大人のビギナーの方にはYLEでも、KET for Schoolsでもない、成人向けのKETからスタートされることをお勧めいたします。理由はケンブリッジが作成する英語の試験は単に英語能力を伸ばす目的にのみとどまらず、年齢別の認知能力にも配慮してデザインされており、ケンブリッジ本部としては、KETが成人向け試験の最初の一歩という位置づけで何年も研究を重ねて取り組んでいて、多少の学習時間(約180~200時間)は必要ですが、YLE Starterではなく、KETをスタートにして英語学習に取り組まれることは、決して無謀なスキップではなく、適切なチャレンジであると思われるからです。
KETの英語レベルはYLE Flyersと同等とされていますが、スピーキングテストは形式が異なります。
大人であれば双方向のコミュニケーションをマネージできることを前提にペア型面接をおこないます。
そこに大人が、うまく英語力を伸ばす仕掛けが盛り込まれています。
ケンブリッジ大学英語検定機構は、世界中の幅広い年齢の英語学習者に本物の英語力がつくよう
様々な分野の学者が一丸となって精一杯取り組んでいます。

【年齢制限のある検定開催とは?】

ケンブリッジ大学英語検定機構認定西日本試験センターは、学校や英会話スクールなどの教育施設をお借りして、試験の開催をおこなっております。ケンブリッジ大学英語検定機構本部による年齢制限はありませんが、お借りしているスクールや、施設様のご都合、及び、会場設備や運営スタッフに関する諸事情により、オープン会場のテストであっても年齢制限が設けられていることがございます。詳しくはお問合せください。

当センターでは、なるべく多くの皆様にご満足いただけるような試験開催に努めてまいりたいと思います。